,

2017年6月15日(木)
河野万里子
『カラービジネス戦略 色の無限の可能性をビジネスの場に!(最終回)』

marie_kono0

株式会社色彩舎の河野万里子代表取締役による『カラービジネス戦略 『色の無限の可能性をビジネスの場に!』をテーマにした全3回のセミナーの第3回目です。

第1回「自分のカラーを知る」(4月20日開催)では、ワーキングを通して自分のカラーを3つ選びました。    また、第2回「自社のカラーを知る」(5月18日開催)では、ワーキングを通してご自身のビジネスのカラーを3つ選びました。

今回は、改めて13色の色彩心理の解説頂くとともに、色を効果的に使ったビジネス展開例の紹介頂きます。

第3回 「自分のカラーと自社のカラーを融合したブランドカラー」(単発参加も可能です)

河野代表は、カラーによる自己・他者分析、カラーコミュニケーション学「カラータイプ理論」を広めておられ、即人間関係を改善できる手法、お客様へのクロージング・クレーム対応などに役立つとして、幅広い業種の企業においても研修実績多数。またカラーブランド戦略として企業のブランディングに欠かせないコーポレートカラー戦略の重要性を説いていらっしゃいます。現在は「カラーは世界の共通語」を合言葉にカラービジネスを展開しておられます。

株式会社色彩舎代表取締役

【略歴】

株式会社色彩舎代表取締役。一般社団法人カラータイプ協会代表理事。ドイツ1年、中国3年の海外生活を送り、西洋と東洋の色彩感覚を磨き、 帰国後の2002年に色彩舎を創業。「カラーの仕事の100%認知・100%利用」を目指し、カラービジネスの可能性を探るなか、2009年には色彩心理学を追求したカラータイプ診断システムを開発し、その後、カラータイプインストラクター協会(現:一般社団法人カラータイプ協会)を立ち上げ。カラーブランド戦略としては西宮商工会議所創業塾でのカラーブランド戦略を担当し、また関西学院大学ビジネススクールでも「カラーマーケティング」セミナーの実績あり。著書として、色づかいで人を見抜く「カラー読心術」 、カラータイプノート、AFT色彩検定1級2次問題集&模擬テスト、配色研修ワークブックなど。