2018年2月16日(金)
セミナー・定期交流会のご案内
講師: 宗和浩司 上海ADSP(アドエスピー)総経理
「文化の違いにリスクとチャンスあり
  ~中国の生産現場前線から」

宗和浩司50%
いつ:
2018年2月16日 @ 6:00 PM – 9:00 PM
2018-02-16T18:00:00+09:00
2018-02-16T21:00:00+09:00
どこで:
神戸市産業振興センター803会議室
日本、〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8−4
連絡先:
神戸起業操練所 事務局
078-381-5921

2月16日(金)にセミナー・交流会を開催します。

会員の方も、初めての方も、皆さん奮ってご参加くださいませ。

参加人数把握のため、参加の場合はご一報いただけますと幸いです。

 

【セミナー】

 内容:「文化の違いにリスクとチャンスあり~中国の生産現場前線から」

講師 宗和浩司 上海ADSP(アドエスピー)総経理

上海在住歴14年、検品、生産管理会社「上海ADSP」総経理(日本の会社でいう社長に相当)を務める宗和浩司様によるセミナーです。

中国における雑貨、日用品生産現場に近い位置で第三者の立場として日中両国の対応をサポートし続けているご経験から「文化の違いにリスクとチャンスあり~中国の生産現場前線から」をテーマにお話をいただきます。

以下、セミナーに向けた宗和様からのメッセージです。

 

『私たちの周囲には広い範囲で中国製品があふれており、生活の奥深くまで入り込んでいると言っても過言ではないでしょう。それだけ中国における生産活動、貿易は日本経済に、そして私たちの実生活に影響を及ぼしていると言えます。セミナーを聞きに来られる皆様の中にも何らかの形で中国における生産活動や貿易に関わっておられる方々がいらっしゃるかもしれません。また、逆に中国における販売も市場の大きさから注目されています。

その中で中国の生産現場で最も原始的、まだまだ手作業が主流の雑貨類、日用品の工場と接してきた経験から、日本側発注者と中国生産現場の考え方、価値観、物事の対応の相違がいかに大きなものかを本セミナーの内容で実例を交えご紹介します。また、難しいコントロールを制した者がどのように利益を出しているかについてもご説明いたします。

お互いに理解しあうことが難しいコミュニケーション上の問題、発想の違い、価値観の違いをいかに克服するか?今後私たちのビジネス、生活と切っても切れない関係である中国生産、貿易さらには中国市場への参入について参考となる情報を提供させていただき、この機に中国生産現場の現状を知っていただきたいと考えております。

「コントロールが難しい=そこにビジネスチャンスがある」と捉え、現状ビジネス上中国とのやり取りがない皆様にも今後のビジネス展開のヒントとしていただければ幸いです。』

 

【略歴】

5年間の台湾留学以来約30年に渡り華人社会と接してきており、2003年~現在に至るまで上海で雑貨、日用品、その他製品の第三者検品、生産管理会社で総経理(GM)を務める。毎年2000社以上の現地工場とやり取りをし、日本に入る中国製品の品質を守る業務を第三者の立場でサポート。現在日本からの現場確認を現地にて代行する「生産管理サポート」事業に注力している。

 

【定期交流会】

日時:2月16日(金) 19:30〜21:00頃(定期交流会)

会場:神戸市産業振興センター 10階 神戸起業操練所内

内容:宗和社長にもご参加いただき、交流会を開催いたします。

※交流会にご参加の方は、原則として当日18時〜のセミナーもご受講頂きますようお願いいたします。

 

【参加条件】

セミナー・定期交流会には会員の同伴者もご参加頂けます。同伴者のご参加の場合は事前に事務局にご連絡くださいませ。

会員外の方は、別途、参加費(税込2,500円)をお支払頂ければ参加可能ですが2月に神戸起業操練所の会員となられる場合は、無料とさせていただきます。

ご不明な点など、神戸起業操練所事務局までお問い合わせくださいませ。

神戸起業操練所 事務局

電話078-381-5921