※一般募集は終了しました。ご興味のある方はinfo@kobe-ksj.jpまでお問合せください

2016年11 月 7 日(月)

・入塾式、オリエンテーション

・第一部  竹中平蔵 神戸操練塾 塾長 慶應大学名誉教授
「時代の流れを読み、ビジネス・アイデアを創造する」
経済社会や産業構造の構造変化を捉え、技術革新、消費、グローバル化のトレンドを知ることでビジネス・アイデアに繋げていくことを目的とした講義です。

takenaka慶應義塾大学名誉教授、東洋大学教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業 後、73 年日本開発銀行入行、81 年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應 義塾大学総合政策学部教授などを務める。01 年、小泉内閣の経済財政政策担当大 臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04 年参議院議員に当選。06 年 9 月、参議院議員を辞職し政界を引退。ほか公益社 団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソ ナグループ取締役会長、オリックス株式会社社外取締役などを兼職

・第二部  赤羽雄二 ブレークスルーパートナーズ株式会社 パートナー
「成功させるための事業計画」
「想い」を落とし込みつつ事業を成功させるための実戦的な事業計画の策定方法を学びます。一方的な講義ではない、ワークショップを兼ねた実践的な講座です。

akaba東京大学工学部、スタンフォード大学大学院卒業。マッキンゼーにて、経営戦略 の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど 多数のプロジェクトをリード。1990 年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロ から立ち上げ、LGグループ等の世界的な躍進を支えた。2002 年、「日本発の世 界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパー トナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事 業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。ベストセラー 「ゼロ秒思考」、「速さは全てを解決する」、「頭を前向きにする習慣」、「7 日で作 る事業計画書」著者。

2016年11 月 26 日(土)

・第一部  藤本崇 ストリートアカデミー代表取締役
「経営資源の集め方」
事業創造を始める際、誰もが直面するヒト、モノ、カネといった経営資源の集め方について、今、まさに現場の最前線で格闘されている経営者の生の声を聴いて頂きます。

fujimoto幼少から社会人まで通算 15 年をアメリカで過ごす。米コーネル大学工学部修士 課程終了、スタンフォード MBA。ユニバーサルスタジオ、フェデックス、カーラ イルグループなどを経て、2012 年に「まなびを自由に」をビジョンに掲げ、教 えると学ぶをつなぐスキル共有サイト「ストリートアカデミー」を創業。全国で 44,000 人以上が参加している、誰もが自分のスキルを活用して教室やワークシ ョップを開催できる、まなびのマーケットプレイスを展開。みんなが持っている スキルや知識を気軽にシェアし合う文化と場をつくることに邁進している。

・第二部  山田英二 K.I.T.虎ノ門大学院教授
「ビジネス・モデル思考」
今ある事業を武器にするため、新規事業を興すため、「イノベーション」を生む為の視座を提供する講座です。理論と実例、イノベーションを生む為の考え方を学びます。

新日本製鉄(株)にて財務、組織、事業開発を担当後、BCG(東京、メルボル ン)にて国内外の様々な企業の戦略立案、事業開発などを経験。2000 年より SPFM 及びその後身 GIP 並びにその投資先 HCM において企業再生、事業開発に 従事。2009~2011 年三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング㈱にて戦略部門の立 上げに従事。2014 年よりキャップジェミニ㈱にて、日本企業のデジタル・トラ ンスフォーメーションとグローバル化に取組み中。近著に「新しいグローバルビ ジネスの教科書(PHP 新書)」など。

2016年12 月 10 日(土)

・第一部  横田幸信 東京大学 i.school ディレクター
「イノベーション・プロジェクトの設計とマネジメント」
イノベーションのマネジメント手法を三菱重工グループやLIXILなどの具体的な事例で解説します。プロジェクトを如何に成功させて着地させるか。イノベーションを生むプロジェクト手法を学ぶ講座です。

i.school ディレクター。イノベーションコンサルティング企業 i.lab, Inc. マネー ジング・ディレクター。小学生向けの教育系 NPO Motivation Maker ディレクタ ー(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端 科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。 イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研 究活動を行っている。

・第二部  國田 圭作 博報堂行動デザイン研究所 所長
「人を動かす戦略的マーケティング」
マーケティングとは、人を動かすことであり、商品開発から販売戦略、広告宣伝まで商品・サービスが売れる仕組みをつくることです。講義では、何を誰にどう差別化して如何に売るかを考えていきます。明日から売上・収益を上げていくための実践的な講座です。

博報堂行動デザイン研究所所長。1959年生まれ。1982年東京大学文学部卒業後、博報堂に入社。以来、一貫してプロモーションの実務と研究に従事。2013年より現職。大手ビールメーカー、大手自動車メーカーをはじめ、食品、飲料、化粧品、家電などのブランドマーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを手掛ける。2006年に行われた第53回カンヌ国際広告祭の部門賞(プロモライオン)で審査員を務める。共著に『しあわせの新しいものさし』がある。

2017年1 月 14 日(土)

・第一部  斉藤ウイリアム浩之 インテカー代表取締役社長
「勝機は世界にある。日本のベンチャーの為の最適戦略」
世界のベンチャーを見てきた氏の経験から、日本で、神戸でベンチャーを興すための具体的ヒントを提供して頂きます。

起業家。インテカー代表取締役。内閣府本府参与科学技術・IT 戦略担当。1971 年ロサンゼルス生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部卒 業。高校時代に友人と始めた I/O ソフトウェアをその後、生体認証暗号システム の大手企業に育て、マイクロソフトに売却。日本に拠点を移し、ベンチャー育成 などを手掛けている。◇主な著書  『ザ・チーム』(日経 BP) 2012 『その考え方は、「世界標準」ですか? ~失敗をチャンスに変えていく 5 つの力』 (大和書房) 2013

・第二部  加藤義隆 フィンテック グローバル公共ファイナンスチーム長
「ベンチャー・ファイナンス」
資金調達の基本を学び、最新のケーススタディと合わせて理解を深め、自らの事業に適用していくプログラム。経営者、起業家は如何なるステップや手法で資金を調達すればよいのかを説明します。また、これから神戸で組成される予定の神戸経済元気ファンド(ベンチャーファンド)についても解説。

1974 年東京生まれ。日本銀行にて為替介入や量的緩和政策などの政策を手掛け る。日銀退職後、フィンテックグローバル(株)に入社。公共ファイナンスチー ムを率い、「自治体×金融」「地域×金融」をテーマに地方創生における「金融」 での貢献に取り組む。特に最近は、自治体における産業支援サポート(ベンチャ ーファンドの組成や起業/アクセレーションプログラムの企画)、地域創生プログ ラムの策定と実行、インフラ新設・更新(市民ホール、病院、学校、水力発電、 道の駅、中央卸売市場など)における最適ファイナンススキームの構築などを手 掛ける。一般社団法人未来まちづくり協会 代表理事、一橋大学金融戦略 MBA。

2017年2月 11 日(土)

・第一部  佐山展生 インテグラル代表取締役、スカイマーク会長
「リーダーシップ」
「企業の器はトップの器を超えない」とし、数々の企業のトップをみてきた佐山氏の経験から、リーダーシップの在り方を考える。

1953 年京都府生まれ。洛星高校卒業、京都大学工学部高分子化学科卒業、ニュ ーヨーク大学大学院(MBA)、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課 程卒業修了。帝人でポリエステル重合関連業務、87 年三井銀行(現三井住友銀 行)で M&A 業務に従事、98 年ユニゾン・キャピタル共同設立、代表取締役、 04 年 GCA 共同設立代表取締役(現GCAサヴィアン)、04 年一橋大学大学院国際 企業戦略研究科助教授、05 年同教授(現任)、08 年インテグラル、代表取締役 (現任)、15 年スカイマーク代表取締役会長(現任)。

・第二部  起業家/事業家(調整中)
「経営の意思決定」
市場を創り、市場変化に素早く対応する企業の経営者に、如何なる意思決定とマネジメントを行っているのかを解説して頂く予定です。

2017年3 月 11 日(土)

・合宿第一部  起業家/事業家(調整中)
「チーム、組織を創る」
経営資源を整えることは事業創造の第一歩になります。人材、組織作りの基本と実践を学ぶ講座です。

・合宿第二部  田島聡一 ベンチャーキャピタリスト
「ビジネス・プラン策定の実際」

・合宿第三部
「事業を創造する」
講師や塾の仲間と共に創り上げてきた各人の事業計画について、ベンチャーキャピタリストとして多くの事業を創造してきた田島氏と共にブラッシュアップをしていきます。いよいよ塾も大詰めです。

tajima1975 年生まれ。大阪大学工学部卒業後、都市銀行にて約8年間、さまざまな企 業の資金調達業務に携わる。2005 年1月、サイバーエージェント入社。ネット 金融メディアの立ち上げに参画後、同年7月よりベンチャーキャピタル事業に従 事、十数社への投資を手がける。10 年8月にサイバーエージェント・ベンチャー ズ代表取締役に就任。国内外全投資案件の投資判断にかかわり、アジア No.1 の ベンチャーキャピタルを目指し奮闘。その後、同社を退社して自らのベンチャ ー・ファンドを立ち上げ準備中。

2017年3 月 25 日(土)

・事業構想発表会

・ 竹中平蔵 神戸操練塾 塾長 慶應大学名誉教授
「今こそビジネスを創ろう」
慶應義塾大学名誉教授、東洋大学教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業 後、73 年日本開発銀行入行、81 年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應 義塾大学総合政策学部教授などを務める。01 年、小泉内閣の経済財政政策担当大 臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04 年参議院議員に当選。06 年 9 月、参議院議員を辞職し政界を引退。ほか公益社 団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソ ナグループ取締役会長、オリックス株式会社社外取締役などを兼職

・卒塾式、懇親会